介護職向け転職エージェントランキング

介護職で転職をお考えの方へ

介護業界は人手不足の状況が続いており、介護職は売り手市場になっています。今後のキャリアを見据えて転職を考えてみるのもチャンスかもしれません。最近では介護職専門の転職エージェントも多くなってきていますのでまずは登録してみましょう。

かいご畑はその中でも転職成功実績が豊富で、知名度の高い転職エージェントです。希望条件で絞り込むこともできるため、自分にあった転職先を見つけることができるのもおすすめのポイントです。専任のコーディネーターの存在も心強いですね。

介護職の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
かいご畑は働きながら介護資格が取得できる『キャリアアップ応援制度』があるのがポイントです。無資格でも働けるのが介護職ですが、介護資格があれば転職にもキャリアアップにもなります。かいご畑で転職すれば、受講料0円で取得できるのでキャリアアップを考えている方は利用したいところです。資格の有無、経験に関わらず数多くの求人があり、コーディネーターも親身になって就職先を探してくれると評判になっています。サイトでは介護に役立つ情報も入手可能です。

クリックジョブ介護 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
クリックジョブ介護は全国の介護求人がたくさんあるのがポイントです。登録するとすぐに対応してくれ、エージェントによるサポートも充実しています。求人数も日本最大級の3万件以上あるので、自分の条件に合った介護職が見つかりやすいです。面接1件につき交通費が1,000円支給されるのも、他の看護師求人サイトにはない地味に嬉しいサービスでしょう。正社員の介護求人が多く、さまざまな条件で簡単に求人検索できるサイトも人気です。

介護ワーカー 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
全国エリアで介護施設の求人をサポートするのが介護ワーカーです。大手企業ということもあり、安心して利用できます。人材大手トライトグループが運営しているので、他の求人サイトにはない施設があるのもポイントです。専任のコンサルタントによる無料サポートもあるので、自分にぴったりの転職先を見つけやすいでしょう。地介護職探しをしている方には介護ワーカーはオススメです。

介護エイド 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
“人間関係の良い職場”を厳選して探してくれるのが介護エイド。介護職では仕事のハードさよりも、人間関係のトラブルが離職の原因になることが多いです。人間関係は入職しないと分からない部分も多いので転職も躊躇しがちです。介護エイドは現場からの口コミや現場見学などにより人間関係が良好な職場を厳選して紹介しています。面談がSkypeでも可能なのも便利ですね。対応エリアが関東圏に限定されるのがネックですが、人間関係で悩んでいる方にオススメです。

MC介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
MC介護のお仕事は全国に対応している求人サイトで、求人数も業界トップクラスです。転職のサポートをしてくれるキャリアコンサルタントは親身に対応してくれるだけでなく、介護職の資格をもっているので、介護に関する悩みを相談もしやすいでしょう。MC介護のお仕事を通じて就職が決まった場合には最大3万円の就職お祝い金がもらえるのもポイントです。充実した条件の非公開求人が多い(全体の約80%が非公開)ので、まずは登録してみましょう。

介護職の求人倍率は?

介護職は売り手市場と言われており、就職・転職がしやすい業界のトップによく挙げられます。無資格・未経験から正社員に採用されたというケースや30代、40代から転職に成功したという話も多く、転職先としても注目を集めています。

こうしたイメージは高齢化の進行やサービスの需要の高まりなどが原因で生まれたものですが、実際に求人倍率など介護職を巡る状況を見てもその様子が窺えます。

2014年までのデータですが、2010年には1.48倍だった求人倍率は翌2011年に1.31倍と下落したものの、その後は上昇に転じ、2013年には1.74、2014年には1.82倍にまで上昇しています。これを全産業の有効求人倍率と比較してみると2010年が0.47倍、2014年は0.93倍とかなり差が見られます。

簡単に言えば介護職を目指している人に対して約2件の求人がある計算になります。逆に言えばひとりの人材を確保するために2軒の介護施設が争っている、という言い方もできます。この点を見ても介護職は就職・転職がしやすい状況といえるでしょう。

ただこの求人倍率の数字を持ってして「介護職は恵まれている」と判断するわけには行きません。この背景には急速に増加する要介護者の数と介護サービスの需要の増加があるからです。2010年に487万人と言われていた要介護(要支援)者数は2013年564万人と増加しており、その需要増に対して介護サービスの供給が間に合っていない部分もあるのです。介護職員の数そのものは2010年に142.7万人だったのが2013年には170.8万人とかなり増員が図られているのですが、それでもまだ足りていない状況なのです。

これが慢性的な人手不足と言われている介護業界の根本の原因となるわけですが、それ以外にも財源不足などの問題もあり、求人倍率の高さとは裏腹に厳しい就業環境で働かなければならない厳しい現状も出てきています。

有効求人倍率の高さを見る上でもうひとつ知っておきたいのが離職率です。介護職の離職率は正社員で約17パーセント程度と言われており、かなり高い水準にあります。6人に1人が離職してしまうわけですから、それを補充するためにどの施設も積極的に人材を採用している、それが求人倍率を高くしている理由でもあるのです。このあたりは採用されやすいけど辞めやすい、介護職の難しさが浮き彫りになっているともいえるでしょう。

ですから求人探しの際には収入や待遇だけを確認するのではなく、求人情報だけでは確認できないような就業環境や職場の雰囲気、人間関係などの実態もよく知った上で、長く働けそうな職場かどうかを判断していくことも欠かせないのです。

介護職求人は正社員は少ない?

介護職求人をチェックしてみると、正社員での雇用は少ない傾向にあります。どこの介護施設でも人手不足のため、人材確保のためには正社員求人が多くてもいいようなものですが、やはり正社員は少なく、派遣やパートの求人が多いのが現状です。

実際、介護施設における正社員と非正社員の割合をみてみると、約4割は非正社員となっています。これが訪問介護員となれば、約8割が非正社員になるので、全体でもやはり正社員の数は少ないと言えるでしょう。

介護求人に正社員が少ない理由としては、離職率の高さに起因しています。介護職は、思ったよりもハードで肉体的にも精神的にも辛いことが多いです。特に未経験者となれば、各種保険の手続きをしているうちに辞めてしまう方も少なくありません。そのため、まずは非正社員として雇用し、一定期間働いたのちに希望があれば正社員に、というのが一般的なのです。

介護職をする方の層にも関係があります。介護職は比較的女性が多く、家事や子育てをしないといけないので、長時間勤務は難しいという方も多いです。正社員だと、長時間勤務は当たり前、残業も毎日で、当然夜勤もありますから、あえて正社員ではなくパートで働きたい、という方が多いのも原因です。

正社員だと風当たりも強いという意見もあります。実際、正社員であろうと非正社員であろうと、同じ資格をもっていれば同じ仕事をこなすことになります。正社員だからここまでしないといけない、非正社員だからここは正社員に任せていい、というわけではありません。同じ激務をこなしてるにも関わらず、収入は大きく変わってきますから、やはり非正社員からの風当たりは大きくなってしまうでしょう。

ましてや正社員のほうが働きが悪い、経験が少なくて何もわからない、という状況になれば「あの人が正社員なんて」とか「私のほうが働いているのに給料が安い」と陰口を叩かれかねません。未経験でも正社員雇用してくれる介護施設はありますが、やはりそういった職場内の人間関係を考えると、未経験の方は資格があっても正社員ではないほうが良いのかもしれません。

正社員雇用が少ない理由としては、介護報酬の面もあります。介護施設はボランティアでやっているわけではありませんから、経営もしっかりしないといけません。そこで介護報酬が少なくなると、どうしても人件費を削らざるを得なくなり、それが結果的に正社員の割合を限定せざるを得ない状況になってしまいます。国の政策によって正社員雇用の割合も変わってしまうという理由もあるのです。


Copyright (C) 2017-2022 介護職向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.